チャイニーズドリームを掴むのか⁈ 街クラブサッカー指導者+経営者

中国街クラブでサッカー指導者しています 世界に羽ばたく選手の育成を目指しています

中学生クラス練習試合

中国の中学年代のサッカー環境はとても寂しい

勉強漬けになる学生たちが大半を占め

街クラブで中学生クラスを保有している所は非常に少ない

 

 

 

我々も一時期は常に14.5人で練習できる環境があったが

今ではその半分に7.8人で練習出来ればいい方だ

 

 

 

また中学年代の試合でも8人制が取り入られることが多いため

どこか日本の中学年代の育成とはかけ離れている環境となっている

 

 

 

shintaroasano-china.hatenablog.com

 

 

 

そんな環境の中で今回は他クラブと練習試合を行う事が出来た

社会人チームでチームメイトの週末だけ指導者をしている彼から

中学生同士の練習試合をやろうと提案してくれ、実現した

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210126120546j:plain

 

我々は中学1年2年生チーム、相手は中学3年生中心

フィジカル差がある中でどのように戦っていくか、思考が必要になる試合

互いに人数が8人ぎりぎりなので今回は5人制で行われた

 

 

 

普段の練習からコンビネーションを意識した内容、そしてボールを繋ぐサッカーを目指しているのでそれが試合で表現されれば良いと選手達には伝え

私は大きく関わることなく外から見守った

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210126120903j:plain

 

自分たちで話し合いながらどこから攻めるか、どんなポジショニングを取ればいいのか

そしてハーフタイムに私から少しだけアドバイス、確認事項を告げる

これの繰り返し

 

 

 

点の取り合いとなった試合ではあったが

勝利を挙げ、ゴールのパターンもワンツーでの抜け出しや3人目の動きによるものなどが随所に現れたので大きな収穫となった

 

 

 

保護者方も大いに盛り上がってくれていた

久々の試合で子供たちの姿を見ることが出来て楽しかったのだろう

保護者の支え、理解があるからこそ中学生でもサッカーが出来ることに感謝したい

 

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210126121216j:plain

 

そして今回の練習試合を経て、中学生でもサッカーを続けたい子供はまだまだいる

そしてその子供の意志を尊重しサッカーを続けさせたい保護者もいるということ

 

 

 

この様な子供たちがまとまれば人数を確保できて質の高い練習に繋げることが出来ると感じた、そして8人制、11人制で高校、大学生チームや社会人チームと練習試合を組むことが可能だと確信した

 

 

 

今後はこのような中学生を集めて定期的に練習できる環境作りを目指したい

はじめは賛同してくれるクラブの子供達だけでもいいから始めていき、口コミで中学生でも本気でサッカーしたい子供たちが集まって来てくれればと思う

 

 

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano

中国国内でもコロナ感染が再拡大、春節はどうなる?

練習の前後で保護者達よく話をするが

最近の内容は専らコロナで春節はどうするのかという話

 

 

 

ここにきて蘇州では各企業、学校などへ政府から通達が入っている

今回の春節では帰省や省を跨ぐ行動控える様にと言われている

 

 

 

もし省を跨ぐようなことがあれば14日間の隔離

これも自腹でなんだから気軽に行動は出来ない

 

 

 

そのような影響から今年の春節は帰省を断念する家庭が多い

我々クラブの判断は正しかったように思う

 

 

 

今回の春節休暇中は基本的に週末のクラブ練習は通常通り行うスケジュールで

保護者達には連絡済

 

 

 

多くの家庭が帰省しないとなるとこの期間での練習もいつも通り行えそうで

今から楽しみだ

 

 

 

しかし一つ心配なのは

中国各地で行われる予定である春節期間中の大会

大会によっては全国からチームを呼んで行うものもある

 

 

 

我々も春節休暇中に大会に参加する予定でいる

しかし去年の段階で春節休暇時の大会参加は蘇州で行われる

小規模なものだけに絞ろうとスタッフと決めていた

 

 

 

これもいい判断だったと我ながら思う

中国での経営というわけではなく今回はコロナの状況も見据えて

大きなリスクを取るのではなく小さなリスクで済むように

この先の発展を見据えて取り組む必要がある

 

 

 

今我慢すれば春節以降に良い景色が見られるのかどうかはわからないが

ここは少し我慢していこう、一番は子供たち、保護者、スタッフ達の安全だ

 

 

 

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano

 

 

中国公立小学校のサッカー特色学校とは?

中国の公立小学校では政府認定のサッカー特色学校というのがある

全国でも数万校が認定されているがその実態はいかに

 

過去の記事からもご覧いただければと思う

shintaroasano-china.hatenablog.com

 

shintaroasano-china.hatenablog.com

 

そして最近とあるクラブの指導者と話をした内容は

サッカー特色学校は政府からの投資を受けているが

サッカー部への資金投入は意外に低いという

 

年間5-7万元(80-110万円)程度だという

一つのチームに対してこの額なら納得できるが

ほとんどの学校では男女2チームずつを率いる形となる

 

そうすると複数の指導者を必要としコスト的には割に合わない

というのが現実の所だ

 

そのため一つの学年に絞り強化を図るというのが

一般的な学校の取り組み方

育成というよりも成績重視なのが学校と政府の捉え方

 

しかしその一方、サッカー部として歴史のある学校は政府からの特別援助を得ている

そうなると数十万元と一気に投資額は上がる

そうなると優秀な指導者を呼ぶことができるというわけだ

 

それでも結果を残せなければ投資額は減り

指導者としても解雇されることだってある

 

実際私が携わっている学校はサッカー特色学校に認定されていない

しかし去年の区長杯優勝に伴い練習日が週2回から週4回になった

学校側がサッカー部への投資を始めたという事になる

練習日が増えれば我々クラブへ支払われる費用は上がる

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210106211333j:plain

 

今年の市長杯での躍進と区長杯では2連覇を目指して結果を残せば

学校側が本気になりえる可能性は高い

 

普通の学校をサッカー特色学校にさせることは出来るか

どの学年も強化されているチームに

一つ新たな目標が出来た

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano

 

小学校女子サッカー部新チーム始動

約1カ月の休みが明け

小学校の期末テストが終わり

ついに女子サッカー部の新チームが始動した

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210120222754j:plain

 

春節までの1週間集中的に行われるトレーニング

この1週間のテーマを【競争】と設定した

これはチーム内での競争を習慣化させること

そしてすべての選手が同じスタートラインから始まるということ

 

3年生がこの日から高学年と一緒にトレーニングをスタート

彼女たちはこの1週間で人数調整が行われる

全員が必ずしもこのチームに残れるわけではない

 

これが中国の小学校サッカー部の現状

人数の多さも一つの悩みになる

 

【競争】を設定した他の理由は

これからチームを引っ張ってくれる選手が出てきてくれることを期待している

小学生の段階でも自分たちでチームを作り上げていくことを意識して活動していきたい

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210120225833j:plain

 

この1週間は彼女たちにとって勝負であり、自分たちの限界を超える競争を期待する

楽しみな1週間がスタートした

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano

 

練習試合 vs枫豪足球俱乐部

クラブアカデミーは月を追うごとに練習試合の頻度が増えていく

これは保護者方の理解と協力があって上手くできている

 

そしてクラブの宣伝や活動報告の積み重ねによって

他クラブからの関心も高まり

相手クラブから練習試合の申し込みを頂くようになった

 

相手の期待値と我々のレベルが噛み合っているかはわからないが(笑)

 

今回の対戦相手は前回国慶節の大会で対戦した枫豪足球俱乐部

 昨年の5月に設立されたばかりの新しいクラブ

 

前回対戦した時含め今回も相手に圧倒された

それは結果の部分で…

 

前回は結果も内容も圧倒されたが

今回の対戦では相手に最後の所でチャンスを与えず

我々もいい形を作ることが出来た

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210119163324j:plain

 

今回の試合で一番感じたのは技術面の差は無く、むしろ技術は我々の方が高かった

しかし経験値の差と認知力の差によってその技術を最大限に発揮させることが出来ていなかった

 

これは指導者として反省するべき部分で

技術のトレーニングばかりしていても、試合で発揮させるためにはどうしたらいいのか

各局面プレッシャーがある中でそれに適した判断を下し実行する

  • 認知力(情報収集力)
  • 判断決断力
  • 実行力

これらが備わっていなければいくら素晴らしい技術を兼ね備えていても

試合中に使うことは出来ない

 

これは心理的余裕も関係していると考える

心・技・体

この言葉の通り心理(メンタル)面の強さがなければ

状況判断も出来なく、何をすればいいかもわからなくなってしまう

いわゆるパニック状態だ

 

試合中にこの状態に陥ってしまうとゲームをコントロールすることもできず

パスを意識的に行うのではなく、ただの適当キック自分たちが目指すサッカーとはかけ離れてしまう

 

やはり普段の練習からプレッシャーの早さ、強度の高い中でプレーすること

その中で何を意識しないといけないか

ただ見ることだけではなく情報収集しなければいけない

今どんな状況下で何をしたら効果的なのか

 

常にこれを問いながら練習に取り組んでいきたいと思う

サッカーの練習はセオリー通り

ドリル練習を行い次に対人練習、最後にゲーム形式という流れが

子供達の成長に大きくつながると実感している

 

一番重要なことは

指導者の選手たちへの声掛けと練習オーガナイズ

特に変わったことをする必要がなく基本を理解し

子供達に情熱を注げば、自然と結果は出てくると信じている

これからだ!頑張っていこう

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210119175043j:plain

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano

 

 

 

 

ライセンスを取りに行ける日は来るのか

大学卒業後に日本サッカー協会のC級ライセンスを取得してから

日本にいる間はリフレッシュポイント獲得のために定期的に講習会に参加していたが

中国に来てからは海外赴任申請を出してリフレッシュポイント取得の免除を受けている

 

私自身ライセンスの有無に関しては特に気にしていない

しかし中国の保護者やクラブの評価基準としてライセンスの所持は大きな影響を与える

私自身もアップデートの為に新たなライセンスの取得は必要不可欠だと思っている

 

取得したいライセンスは

サッカーB級ライセンス(JFA or AFC)

フットサルC級ライセンス

 

自分としては日本で取得できることが一番望ましい

しかしB級ライセンスではトライアル(数日間)と本講習の2期(1週間ずつ)

この日数を果たして確保できるかどうか、そこが大きな問題になる

 

そこでAFCでの指導者ライセンス取得を考える

1つ目はシンガポール

そうなると英語での受講になる、これはハードルが一気に上がる

しかし知り合いがシンガポールにいるので受講以外のサポートはある

 

2つ目は中国国内での受講

中国のC級ライセンス以上は日本同様AFCとの互換性がある

そこで色んな人達との繋がりを作ってB級ライセンス講習の情報を得ることが出来た

 

受講枠の確保のために仲介料が必要になるこれは中国らしい

推薦というよりは仲介者に手数料を払えば受講できる

正式な受講料とは別に1万元(現在16万円)の請求をされた

 

受講料と受講期間中の食住は自己負担、加えて仲介料

合計で1万7.8千元になる、下手したら2万元(30万円)近く

これを払う価値が中国サッカー協会主催の講習会にあるのか

答えはノーだと思い、私は受講を断念

 

ライセンスホルダーになるつもりはなく

指導者としてのアップデートが目的

結論としてはコロナの状況が落ち着いたら日本でのライセンス受講を考えようと思う

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano

 

 

 

 

常に葛藤がある中で

指導者という職業に就いてる身として

やはり高いカテゴリーでの指導に夢を抱く

 

私も指導者になりたて当初はプロクラブでの指導者を夢見ていた

Jクラブでの指導者になるためにはと常に考えていた

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210112194639j:plain

 

そんな私の今の職は街クラブの経営と指導者という立場

プロクラブでの指導者とはかけ離れたポジションでサッカーに携わっている

 

今でもどこかでプロクラブに携われたらとは思っているが

その国のサッカーの発展の為にはグラスルーツ(育成普及)の充実が必要不可欠

それを中国に来て理解することが出来た

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210112194718j:plain

 

中国に来て紆余曲折ありながらも

自分で街クラブを経営するまでに至った

日本ではないが中国のサッカー発展に貢献できる育成普及に携われている

 

そしてこれからは育成普及から強化、輩出、トップチームと

プロクラブを目指していこうと思っている

自分がそのポジションに就くのではなく

自分でそのポジション、組織を作っていこうという考えだ

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210111184037j:plain

 

中国サッカー界もトップリーグから地域リーグへと各カテゴリーのクラブが増えてきている

これから各地域、各地区でのリーグ戦が統制され

日本やヨーロッパのように下のカテゴリーでも活発さを増すと思っている

 

f:id:ShintaroAsano-China:20210112195824j:plain

  • 中国スーパーリーグ(中超)J1相当
  • 中国2部リーグ(中甲)J2相当
  • 中国3部リーグ(中乙)J3相当
  • 中国4部リーグ(中冠)JFL相当
  • 中国5部リーグ(城市联赛)地域リーグ相当

 

育成からトップチーム

このモデルをしっかりと作り一つ中国サッカーに貢献できるように

グラスルーツこの部分の強度をこれから3.4年継続して行っていきたいと思う

 

コロナが落ち着いたら日本人指導者の招聘も考えて経営していこう

夢は大きい

一歩一歩前進していくにのみ

 

-Enjoy Football-

-快乐足球-

 

Shintaro Asano